ABOUT

多摩美術大学テキスタイル科を卒業後、京都の着物工房で絵付けの修行をした後、独立しました。 "和柄をまとう"をテーマに服を作っています。 一筆一筆に思いの乗せて草花、生き物を描いています。 日本人に脈々と受け継がれてきた、いろいろな意味を持つ柄。 身にまとうと、心まで華やいで凛とする。 そんな服をめざしています。 手描きの温もりと、大胆さを体感できる、 特別な1着を纏ってみてください。